もふもふ技術部

RFC4627(JSONの仕様)を読んでみる


原典はこちら。
http://www.ietf.org/rfc/rfc4627

味も素っ気もないテキストですね。こりゃ。
プログラミングをしているとき、何か問題にぶつかったときWEBを検索して解決法を探すのは常ですが、大体他の誰かが解説してくれてたりするエントリが多いですよね。

ほとんどの場合それで用は足せるのですが、たまーに原典はどうなってるのかな?なんてときもあったりします。そんなときのために「一次情報を当たる」ことに慣れておくのも大事かなと。ちょっとやってみますね。

Network Working Group D. Crockford
Request for Comments: 4627 JSON.org
Category: Informational July 2006

RFC:4627
カテゴリ:情報
Javascript界の重鎮、ダグラス・クロックフォード(Douglas Crockford)先生とJSON.orgによって発表されたということ?2006/7に公開された文書らしい。

JSON.orgって検索するとJSONの紹介ページに辿り着くけどなんなんだろう。organization(組織)として活動してるふうには見えない。

The application/json Media Type for JavaScript Object Notation (JSON)

タイトル、「アプリケーションでのJavascriptオブジェクトの表記法について」みたいな感じ?

Status of This Memo

This memo provides information for the Internet community. It does
not specify an Internet standard of any kind. Distribution of this
memo is unlimited.

Status of This Memo「このメモの位置づけ」は各RFCに必ず記述されていなければならないらし。そのRFCについての意図や位置付けを記述するみたいですね。

「このメモはインターネットコミュニティーのための情報である。これはいかなるインターネット標準を明示するものではない。このメモを配布することについては制限しない。」

ん?RFCなのに標準化のためのものじゃないのかな?インターネット標準を明示しないとはどういうことか。

このエントリを見るとRFCは標準化された仕様だけを扱っているのではないらしい。このRFCのカテゴリは「Informational」なので、あくまでも標準ではなく単なる「情報」という性質のものだということなんですね。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/NNW/NETHOT/20010408/1/

RFC読んでみるなんてつまんねくね?とか思いながら始めてみましたが、いろいろ発見があってにわかに楽しくなってきました。

Copyright Notice

Copyright (C) The Internet Society (2006).

コピーライト表記ですね。飛ばそうかと思いましたが、「Internet Society」なるものが気になったので少し調べてみます。

通称ISOCと呼ばれているらしいです。インターネット技術の標準化や教育、議論などを目的とした非営利の国際組織とのこと。日本語では「インターネット協会」とか呼ばれているみたいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E5%8D%94%E4%BC%9A

RFCはIETFが策定しているものだから、当然著作権はIETFなのかと思っていたけどISOCなのか?と疑問を感じたのですが、そもそもIETFはISOC傘下の組織なんですね。知らなかったー。

ちなみにIETFは法人・個人問わず誰でも自由に議論に参加できるんですって。

さて続けましょう。

Abstract

JavaScript Object Notation (JSON) is a lightweight, text-based,
language-independent data interchange format. It was derived from
the ECMAScript Programming Language Standard. JSON defines a small
set of formatting rules for the portable representation of structured
data.

「要約 JSONは軽量・テキストベース・言語に依存しないデータ交換形式。これはECMAScript標準に由来するもの。JSONは構造化されたデータ表現を運搬可能にするための、少ない書式設定ルールが定義されている。」

JSONについて簡単に言うとこういうこういうものですね。解説は不要でしょう。

ちょっと時間がないので今回はこの辺にしておきます。結局肝心な内容については何も見れんかった…orz

ちょっと脱線、ジョークRFCを読んでみる

どうやらRFCには名作ジョークRFCが存在するらしい。各国で人気でいろんな翻訳も出ているとか。ちょっと紹介します。

RFC1149 「鳥類キャリアによるIPデータグラムの伝送」
明示的にはかかれていませんが、要するに伝書鳩を用いたインターネットプロトコルですね。

原典はこちら
http://www.ietf.org/rfc/rfc1149

横着して解説ページ読んでしまいましょう。
http://www5e.biglobe.ne.jp/aji/3min/ex/ex01.html

この「鳥類キャリアによるIPデータグラムの伝送」はパケットを小さな紙片に印字して、受け取り手光学的にそれを読み取るらしい。パケットの容量は鳥類の足の長さに依存するとか。

エイプリルフールのネタみたいなんですが、ちょっと笑わせてもらいました。毎年遊んでるのかな?来年のエイプリルフールは注目したいです。

The following two tabs change content below.
原田 敦

原田 敦

日本CAWのエンジニア。もふもふ部の部長。得意分野はRuby on Railsを使った小規模WEBアプリケーションを高速で開発すること。週末の楽しみは一人お菓子パーティー。三度の飯より小動物をもふもふするのが好きです。