もふもふ技術部

Rails3 表の列名をクリックするとソートする機能


前回作成したプログラムに、表明をクリックしそのカラムでソートする機能を追加します。

参考にしたのはここ

ビュー

ビューのテーブル名を定義しているところの編集を行います。

ヘルパー

ヘルパークラスにソート機能のプログラムを追記します。
ビューで呼んでいるsortableメソッドの定義です。

コントローラ

以下のように書き換えます。

だんだん複雑になってきているがこれでいいのだろうか…

また、コントローラで作成した値をヘルパーメソッドに渡すこともできます。

helper_methodにメソッドと同じ名前のシンボルを渡しています。
helper内部で使用するsort_columnとsort_directionの値がここで決まります。

最終的にはこんな感じになります。

これで列名をクリックするとソートができるはずです。

ログもこんな感じに出ているので出来ているはず!

追記

ソートをゴリ押し気味で実装しましたが、
参考にしたページをよく見てみると、ソートの実装についても記載してありました。(数日後に気づく)
これを使えば簡単にできました。トホホ…。

The following two tabs change content below.
根本 大幹

根本 大幹

社会人2年目。 今までブログ書いたことありません! 勉強は明日からがんばる。
根本 大幹

最新記事 by 根本 大幹 (全て見る)