もふもふ技術部

Vagrant経由でAWS EC2のインスタンスを生成する


EC2はよく使ってるし、似たようなインスタンスを生成することもしばしばなので、そろそろ自動化を進めたいなーというところでVagrantからEC2インスタンスを生成してみた。

環境
Mac OSX 10.9 Marvericks
Vagrant 1.3.5
AMI: Amazon Linux PV EBS-Backed 64bit

サクっとインスタンス作っちゃう

こちらのエントリなどを参考にさせていただきました。
http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/vagrant-aws-configspec/

vagrantのインストールは以前にやっているので飛ばしますね。
http://j-caw.co.jp/blog/?p=945
http://docs.vagrantup.com/v2/installation/index.html

vagrant-awsプラグインをインストールします。

作業ディレクトリ、Vagrantfileを作成します。

Vagrantfile

こんな感じのエラーが出ても、一応問題なくインスタンスは起動しているっぽい。

Vagrantfileに下記を入れたらエラーは消えた。

ちなみに、AWSのACCESS_KEYなどはバージョン管理から外したいのでdotenvを使っています。Railsではおなじみのgemですが、vagrantのプラグインとしても提供されています。

Vagrantfileのあたまの方に追記。

EC2インスタンスにssh出来ればOK。

サクっといけちゃいましたね!

The following two tabs change content below.
原田 敦

原田 敦

日本CAWのエンジニア。もふもふ部の部長。得意分野はRuby on Railsを使った小規模WEBアプリケーションを高速で開発すること。週末の楽しみは一人お菓子パーティー。三度の飯より小動物をもふもふするのが好きです。