もふもふ技術部

Rails + Capybara + Rspecをセットアップして簡単なテストが通るまで


いつもユニットテストメインなんですが、重要な箇所についてはブラウザシミュレートしてテストしたいです。

あらためてcapybara + rspecのセットアップをしたので書き残して起きます。今回はwebdriverは使わなかった。

インストール&セットアップ

主にこちらを参考にしました。
http://www.oiax.jp/rails/rspec_capybara_primer/rspec_capybara_the_first_step.html

Railsのアプリケーションルートから下記を実行。

これはおまけだけどsccafoldするときhelper, viewのspecを自動生成しないようにします。ぼくは主にmodelかcontrollerのspecを書くので。

簡単なspecを書いてみます。

KPTodoという1人専用の振り返りツールを作っているのですが、そのログインページに「KPTodo」というタイトルが出力されていることをテストしています。

KPTodo
https://www.kptodo.tokyo/

config.include Rails.application.routes.url_helpers

ちゃんとrequireしていないとこの辺のエラーが出た。

Capybara::DSLをincludeしてないとこんなエラー。

ではrspec実行。

DBないよって怒られた。DBとテーブルを作っておこう。

もっかい実行。よし。

The following two tabs change content below.
原田 敦

原田 敦

日本CAWのエンジニア。もふもふ部の部長。得意分野はRuby on Railsを使った小規模WEBアプリケーションを高速で開発すること。週末の楽しみは一人お菓子パーティー。三度の飯より小動物をもふもふするのが好きです。